2017年1月18日水曜日

人格権て難しい

森のくまさん」の歌詞をパロディにした芸人さんの歌が訳詞を作った作詞家に訴えられたとか。著作権は人格権を持ち出すととかくややこしい、と個人的には思う。
自分のように集団作業で著作物を作っている人間は、そもそも人格権の境界が曖昧だ。
自分でもどこまで自分が作品を作ったと言えるのか、その境界を見つけるのはかなり難しい。
後から、これは俺が考えたんだなどと主張するのは記憶の捏造もあるし信用できない。
集団作業においては他人の意見は必ず入り込んでくるので、一人だけで作ったと言える部分はほとんどないと言ってもいいのではないだろうか。
そんな仕事のせいか、人格権の訴訟はいまいちピンとこない。
件のパロディーのようなものが、作者の好みでOK、NGの判断をされるとしたらおかしい。
ドナルド・トランプがキャンペーンで使った音楽をめぐっての抗議なんかも人格権に類する騒動なのだろう。気持ちはわかるが、使うなというのも難しいというか自分は無理があると思う。
自分の作品の18禁のパロディーなどは笑ってみてしまう。
自分は特に怒りなど感じないのだが、同じスタッフでも眉をしかめる人もいる。
著作権はもっと整理されないとなと思うけど、人格権の部分はとても難しそうだ。

2017年1月14日土曜日

現代劇

最近ずっと考えているのはアニメで現代劇をやるということ。
これまでも現代劇の企画は色々とあったわけだけどオリジナルの現代劇の企画は基本的に通りにくい。
実写でやればいいじゃん、と言われてしまうことに関して何らかの答えを用意しておく必要があるから。
そして何より売れないから。
昨年は「心が叫びたがっている」や「君の名は。」があって原作ものも「聲の形」や他に幾つかあったので実は現代劇が沢山出来た。
しかし、依然として現代劇のハードルは高いやに感じる。
映画でスマッシュヒットを狙うのはアリかもしれない。
テレビシリーズは…パッケージを売るということをメインに据えると難しそうだ。
しかし現代劇の企画を作ってみたいなぁ…という目標をのんびり考えていきたい。