2016年12月31日土曜日

2016年締め

今年は個人的な区切りの年だった。
長く続いた仕事が終わったので気分的には開放された。
今年のアニメはあまりたくさん見られたわけではないが、ヒット作に性的ファンタジーに頼ったものが少なかったのが良かったと思う。
10年ほど前に比べたら随分と作品のラインナップが豊富になった。
これはとても嬉しい。
後半は劇場アニメヒット作が続いたのも印象的。
来年もこの調子で良い企画が続くといいと思う。
自分も新しいことができるように頑張ろう。

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

明けましておめでとうございます。
かつてプロの演出を学びたいと、こちらのブログで質問させて頂いた者ですm(_ _)m
その頃は映像の文法や正しい構図のようなものに取り憑かれていた気がします。
今はドラマや映画を見ながら「今の演出は僕に何を考えさせようとしてるんだろうか」という視点が身に付き、意味の無い演出と、感情を掻き立てられる演出の違いが分かってきたような気がします。
uniBさんが絶えず「テーマは何か」「社会的な意味は何か」をブログで語ってらしたので、僕の中で少しずつそれを考え続ける思考が育ってきているのを感じています。
まだまだヒヨッコですが、これからも学ばせて頂きたく思っております。
本年も良い年になりますようにm(_ _)m