2015年5月24日日曜日

大人の知性とアニメ

いやあ、急に暑くなってたなぁ。
アニメが幼児性から脱却出来ないっていうのはなかなか根深い問題だなと思った。
映画だったり芝居だったりは、大人の為の作品というのがしっかり存在する。
アニメだって大人の鑑賞に堪える作品ももちろんあるけれど成立させるのはかなり難しい。
映画だって最近は大人向けの作品というのは少なくなってマーベルのコミックスの映画化だったり子供の物語が商売としての中心にいるし、日本のアニメなんて元々が子供向けに制作される所から始まっている訳だから幼児性と不可分なのは仕方ないとも言える。
技法的に子供に向けた表現との親和性が高いことも理由だろう。
しかし今のアニメの幼児性は大人が消費する為の幼児性なのでそこが凄く引っかかる。
大人が消費する作品なのに幼児性が必然のものとなっているのは観客が幼い大人であるという事に他ならない。
これは今に始まった事ではなくて40年近く前のオタク第一世代誕生の頃が始原であろう。
元々ティーンの頃に見ていたファンが大人になっても子供の頃見ていた様な作品を手放さず、それどころか制作者側に回った時に同じ様な作品を再生産するということが日常になって久しい。
かくいう自分もその類いで子供の頃見ていたような作品と似たものを作りたいというのが初期衝動だ。
しかし制作者側になったときには既に時代も変わり同じものなど作りようがないのですが、昔は子供の作品だからアニメに幼児性があるのは当然と思えていたものが、大人の見るアニメにも幼児性が必然となると、その必然性を一般的に理解してもらうのは難しく見える。
アニメの批評が成立し辛い理由も批評という行為自体が大人に向けた行為であるという事を考えると当然のように思える。
しかし、大人の知的な遊びというのは現状の娯楽では商売として成立しづらいのかもしれない。
単にそういった作品をつくる人材が少ないという可能性もある。映画のヒット作品の傾向などみても多分、大人の知性というのは(少なくとも)娯楽の中では必要とされていない印象だ。なので、とりたててアニメだけが幼児性を求められている訳ではないと思う。
しかしアニメの場合素材として扱っている絵が幼児性を強調する。
目の大きいキャラクターは幼児性を体現しているので子供にとっては物語に入りやすいキャラクターとして必然かもしれないが、大人が目の大きいキャラクターを要請する時、その理由は何だろう。
子供を愛でる様な目線が心地よいという事だろうか?目の大きなキャラクターをアニメの初期設定とする時、物語が大人の知性を備えていないと大人の鑑賞に堪えうるものにならないだろう。
しかし、物語が大人の知性を備えている時、物語が要請する表現としてのキャラクター造形に、目が大きい事が必然にはならない可能性は高いと思える。
しかし現在、大人の知性を備えていると思われる物語だとしても、目の大きさは手放した作品は皆無だ。
その理由は複雑だと感じる。
一つ理由として大きいと思えるのは、キャラクターの目が大きい事を良しとするものだけがアニメ・漫画の世界に浸れるという敷居や通行証のように機能してるのではないかという事。
一斉を風靡した大友克洋のような目の大きさは決して主流になった事はない。
アニメが持っている幼児性は武器ではあると思うがそこに常に自覚的でないと危ないだろう。
演劇や映画が持つ社会的ステータスをアニメが獲得するには幼児性の扱いが非常に重要だと思える。
今、商売しやすいからという理由だけで安易に寄りかかっていると手ひどいしっぺ返しを食らう事になるかもしれない。

2015年5月13日水曜日

ピーター・ティール「ZERO to ONE」

ピーター・ティール「ZERO to ONE」を読み終わった。
今、国会で派遣社員の派遣期限を無期限にする法案が審議されている。
通れば派遣社員と正社員の違いが更に曖昧になって、正社員になるための競争は激化するだろう。
「ZERO to ONE」は起業のためのビジネス書だが「競争を避けよ、独占を目指せ」というのが大テーマになっている。
競争しても疲弊するだけ、というのがピーターの主張だ。
起業する訳じゃなくても就職に悩んでいる若者やキャリア形成に悩む若者は読むとヒントになるかもしれない。
アニメ業界のプロデューサー諸氏も読むといいと思う。
読むのは大して難しい本ではない、言ってることは難しいけど。
少し前に読んだ「ピクサー想像する力」にも頻繁に出てくるスティーブ・ジョブスが、この本でも非常にリスペクトを持って語られている。
「ZERO to ONE」は、ほぼ日のこの記事で興味が湧いたら読んでみるといいと思う。
個人的には太陽光発電などのクリーンエネルギービジネスが何故失敗したかの辺りがとても興味深かった。

しかし、安倍晋三は今の日本が全く見えてないんじゃないだろうか、やってることが小泉政権に直後に考えていたことばかりなのでは?
時代遅れな人間という気がして仕方ない…

2015年5月3日日曜日

読んだ:アニメーション制作者 実態調査 報告書2015

ざっとではあるがアニメーション制作者 実態調査 報告書2015を読んだ。
藤津亮太さんが大雑把に分析しているが、自分の感想もあまり変わらない。
うまくまとめられているので読んでみるといいと思う。
最後の方に自由に書いた意見を漏らさずそのまま載せたものがある。
(これは間違いなく1文字違わずアンケートに書かれた意見をそのまま載せている。)
それをざっと見ていて気になったのが、未だに広告代理店などが制作費の中抜きを行っていると妄信している人が少なからずいるようだ。
むしろ代理店はお金を出す側なことが多いと思う。
そもそも「中抜き」をするほど制作費は多くない。制作費が半分くらい抜かれているみたいなことなら判るがそんなことはありえない。
(大手の会社も中堅の会社も作品の規模が変わらなければ制作費は大して変わらない)
今アニメ制作費が上がらないのは、端的に言えば売れないからである。
それほど売れないものを制作費を抑えることで延命している。
(漫画出版もほとんどアニメ業界と同じ構造で貧乏人を量産していると思う。)
もっとも根本的に制作費を上げるには市場を拡大することしかない。
制作費が上がらないのは誰か悪人が居る訳ではない。
だからこそ簡単には変わらない。

世界市場に届く配給網と求められる作品をつくる…って大変だよ。