2014年10月28日火曜日

娯楽の値下がり

漫画家が食えないとか、音楽家が食えない時代が来たようですが、アニメ業界人も食えない時代が来てることは間違いない。
いや、元々食えなかったじゃんという向きもあるでしょうが、個人のレベルではなくて産業として成り立つのか?どうかという話。
音楽はiTunesでの販売が落ち込んでるとか。
その背景には定額音楽サービスの存在がとか言われてるようですね。
しかし、娯楽の値段がどんどん下がっていってそれでも人間は娯楽を作りたいと思うのか?
値段が下がり続けているといえば、農業なんかは日本ではとても利益率が悪い訳で音楽や漫画やアニメも同じ道をたどるのかもしれません。
しかし娯楽なんていうのは、生きるのに絶対必要な物でもない訳で輸入に頼りきったところで困ることも無いようなものです。
日本語の文化が…なんて言ってみたところで娯楽だし翻訳すればいいだけで。
商業でなくてコミケみたいな同人活動だけで好事家には事足りるかもしれないし。
産業として成り立つかどうかと、文化が存在するかどうかは微妙に別問題なのかもなぁ。

売れるジャンルの狭さ

商売の狭さはイコール作品の幅の狭さなのかもしれない。
売れない作品は作られないから、売れる作品を作るのだけれど売れるジャンルが狭くなってきてる。
「売れない」ということ「つまらない」ということに因果関係があるのか判らないけれど。
少なくとも以前売れた作品の真似をして皆んなが売れる作品を作ろうとしている限り、ジャンルの幅が広がるということはない。
前に売れたものの2番煎じの企画であっても我々作り手は新しい要素を入れることを怠ってはいけないのだろう。

メモ:OK Go - I Won't Let You Down - Official Video

面白い

2014年10月26日日曜日

売れる事と作る意味

売れる作品と意義ある作品が分ちがたく同じかというとそうではない。
売れるけど、くだらない作品は世の中に有る。
しかし、売れればそれで制作者は食えるし再び製作の機会もある。
難しいなと思うのは売れないけど作る意義の有る作品が世の中に存在するかどうかだ。
売れなかった場合、果たして作った意義があったのかどうかを何で判断するのか。
宮崎駿のつくった「カリオストロの城」や「となりのトトロ」は劇場では儲からなかった、けれど長い年月でかなりの儲けを出したはず。こういう場合は売れた作品と解釈するべきなのか…?
長い年月をかけてもやはり儲からなかったが、歴史的に作る意義が有ったという作品はいったいどれなのか?
そう言う作品は作り続けるべきなのか?
誰がそれに投資をするのか?
何をもって作るべきと判断するのか?
いい作品が売れるというのが一番幸せだけれど、世の中はそう単純ではない。
しかしやはり、作品を売る努力は怠るべきでは無い。

2014年10月21日火曜日

品位

橋下徹と在特会の会合の品の無さが話題になっているようですが…
アニメも品位は大事にした方がいいと思います。
品が無い作品が増えすぎると、アニメというメディア全体の社会的信用が無くなります。
萌えとかエロとか有っても全然構わないと思うのですが、アニメという言葉を聞いて直ぐに連想されるのが「萌え」というのはいかがものでしょう。
萌え以外の作品もあるのに、数として少ないのと作品の質的なインパクトが薄いのでしょう。
メーカーも萌え系以外で商売することをもっと考えないとダメだし、僕ら制作者側も幅広い作品が作れるような力をつけなくてはいけません。
何故こういう作品を作るのか?というコンセプトをしっかり見つめ直して一人よがりにならないようにしなくてはいけません。
難しい事だとは思うのですが乗り越えていきたいです。

2014年10月19日日曜日

コンテマンて少ないのかな?

コンテが描ける演出家って少なくなってるのかな〜と最近心配。
制作が出してくるリストを見ても若い人はあまり見あたらなかったり、
知ってるベテランばかりだったり。
まだ作品に合いそうな人ならいいんですけど絶対合わないでしょって
人も混じってたり。
作品数が多いので自分の目に見えるところにいないだけで、
居る所には居るのかもしれないですけどね。
あと、制作出身の演出でコンテ描ける人の率がやっぱり少ない印象。
コンテ撮になるような現場だと使いにくいのは判るんですが、育って
ないんだな。
困ったなと思いつつも中々解決できない問題。
制作から演出になりたい人は安定した長期のタイトルが回ってる現場
に潜り込めるように頑張らなきゃダメなのかも。

アニメーター出身でなくても活躍してる演出家や監督はいる訳だし、
絵が描けなきゃ描ける様になるしかないよね。

新番組が始まりましたが全然見れてません。
でも、楽しみな作品が幾つかありますね。
頑張って見たいです。

2014年10月9日木曜日

学歴とアニメ業界

ネットである人の発言を見ていて思った事。
アニメの仕事は確かに学歴はあまり問われないのだが、問われないから学歴が無くても良いという訳でもない。
学歴は仕事に関係ないけれど、知識は仕事に関係ある。
独学でも本は沢山読んだ方が良いし色んな経験した方が良い。
得た知識が自分を裏切る事はない。
学歴が無い、ということと学が無いということを混同してほしくないなと思う。