2014年7月23日水曜日

アニメ映画のコスト

現在作られてるアニメ映画の中でコストパフォーマンス的に優れている物は、名探偵コナンとかポケモン、ドラえもんのような作品で決してジブリの作品ではない。
ジブリはハイリスクハイリターンで、なんだかんだと作品至上主義、儲けは2番目という会社であろう。
ジブリのような現場を維持するのはとても大変な事だろうと思う。
ジブリは国内では大きな興行収入を上げているが、それだけでは現場を維持するのは難しいようだ。
国外ではそれほど成功している訳でもなく、今後海外もターゲットに入れたような物づくりをするつもりもないのであれば現場解体は止むを得ないのかもしれない。
外国語圏でも勝負出来るような現場があってほしいと思うが、ディズニー・ピクサーだけで事足りているような印象もある。
マーケットそのものがそれほど大きくないのかもしれない。
ディズニー・ピクサー以外のファミリー向け作品だけではつまらないので、もっと作品の数が増えて欲しいと思う。
日本のアニメ映画もそんな中で勝負出来る様になるといいが、それにはもっと色んな事を考えなければいけなさそうだ。

2014年7月15日火曜日

懐かしい映像見つけた

ダニー・ケイとニューヨークフィルの夕べ、絶版で売ってないんですけど面白いんです。
DVDでも出ないかな。ダニー・ケイは往年のミュージカル俳優、10分辺りからの登場は凄く面白いです。

2014年7月5日土曜日

サイレント映画

David Wark GriffithとかBuster Keatonとかパブリックドメインになった(と思う)映画がYouTubeで沢山見れる。
サイレント映画は映像でドラマを語る基本的な文法が詰まっているのでとても勉強になるし面白い作品も沢山ある。
ただで見れるので若い人は沢山見れば良いと思う。
Keatonの映画なんかは初期宮崎アニメに通じるものがある。
これなんかは娯楽としてとても良く出来てます。