2014年6月22日日曜日

最近読んだ本:日本のアニメは何がすごいのか

「日本のアニメは何がすごいのか」津堅信之

前に読んだ「クールジャパンは何故嫌われるのか」と似たようなテーマを扱っている。
海外でのアニメの受容のされかたを分析が主な内容。
主に北米で、どのように日本製アニメが見られているか、何が受けているのか、ファンがどのように出来上がっていくのか、商売的に今どのような状況なのかなど広い範囲で解説を試みている。
日本製アニメの何が受けているのかという事についてと、それにまつわる作品のテキスト分析は印象論に見えて納得はいかなかった。
その他の部分は面白いと思う。
やはり、海外でアニメの視聴者を増やすのは生半可なことでは出来ないという気がした。
企画から海外を意識してつくったり、営業も相当がんばらないと。
しかし、そこにチャレンジするのは絶対に必要と思える。

0 件のコメント: