2013年12月26日木曜日

新人コンテマンが出てこない訳

絵コンテ発注は難しい。
普通のテレビシリーズで賞味20分くらいの尺になると、いざコンテを直さなければいけなくなった時、結構大変だからだ。
コンテを直す理由は様々だ。
ヘタなので直す、という時もあれば、作風にあわないので直すということもある。
各話のコンテマンがどのくらい突っ込んで作品を理解してくれているかも、コンテの上がりに影響する。
とはいえ、基本的には全体像を把握する事は出来ないしどんなに上手い人でもなんらかの直しが発生してしまう。
といわけで、新人のコンテマンを育てるというのはなかなかハードルが高い。
そこで、営業力のある人間か、アニメーター上がりの人にコンテの仕事が行きがちなのかなと思う。
アニメーター上がりのコンテマンが皆、使えるかと言えばそんなことは全くなく物語の理解力がない人のコンテはぱっと見格好良く見えても、実際映像になってみると何かコンテの時はもっと面白い気がしたんだけど…みたいなことが起る。
かといって、昨今のスケジュールの無さに直面した時アフレコがコンテ撮などだと、画の描けない人のコンテは判りにくいと言わざるを得ない。
現状コンテの仕事が来るのはアニメーター上がりの方が有利だと思うが、昨今活躍してる若い監督がアニメーター上がりかというとむしろアニメーターは少数派なのではないだろうか。
なんにせよ、コンテマンになるには物語の理解力と画の力両方必要なので頑張ってほしい。

1 件のコメント:

KK Noda さんのコメント...

こんにちは。
2年も前の記事に投稿して反応して頂けるかは分かりませんが、質問があります。

私は今年就職活動の大学生なのですが、アニメ制作会社を受けるに際して、自身の描いた数作分のコンテを見せることは、コンテマンへの道を拓く一歩になるのでしょうか。それとも、コンテマンは採らない、と門前払いされるのでしょうか。
制作進行を経て、演出になって、機会があれば…という話すらないのでしょうか。
アニメーターを経ず、どのようにすればコンテマンへの道が開かれるのかが知りたいです。
因みに、私の絵は人並みですし、賞どころか、描いたコンテも実際の映像になっているものがありません。美術大学でもないですし、部活も英語討論部です。他者との制作経験はゲーム制作会社で半年インターンをした際のものだけで、言わずもがな、それは映像ではなくゲームです。

ネットの情報や、本などを読んでも、演出家はあっても、コンテマンへの道筋などの言及はほぼなく、このような投稿をさせて頂きました。
実際の業界の方から、率直な意見を聞かせて頂ければと思います。
見ず知らずの他人にですが、どうか宜しくお願いします。