2012年11月26日月曜日

表現したい事?

こんなのあったので読んでみたのですが、「表現する」なんて言われると、「人類の未来について」とか「戦争」とか「死について」とかえらい大層な事を想像しがちな気がするんですが、表現なんてそんな大きなテーマじゃなくても「昨日食べたカレーが美味しかった」とか「散歩してたら天気が良くて凄く気持ちよかった」とか自分以外の誰かに伝えたい事は皆表現になるんです。「いやあ、好きな女の子になかなか告白できないんだけど、どうしたらいいのかな?」なんてことは恋愛物の話の根幹なんです。だから、演出家になる素養の無い人なんてきっといないと思います。でも、プロの演出家としてやって行く場合、同じ事をより上手に伝える事のできる人が勝つわけです。「人より何かを伝えるのが上手」という事をプロの演出家は競う事になるのです。あとはアニメの演出家の場合、アニメという技法を使って何かを伝える事が上手な人ということが重要です。演出家といっても実写の監督とアニメの監督では必要とされる技術が違うので。
とはいえ、最後に大事になってくるのはやはり伝えたい事の内容そのものだと思います。伝えたい事が他人の共感を得られなければむなしく響くだけですものね。

2012年11月16日金曜日

暦さんへ

今まで見てきたアニメで面白かった演出は沢山あります。最近は時間がなくてアニメは沢山見られませんが、今でも他人の作ったものからは影響を受けます。でも、一番心の中に残ってるのは中学生くらいの時に見た作品かなと思います。昔のアニメやアートアニメーション系の作品も面白いものが沢山あるので是非見てください。
久しぶりの更新でした。

2012年11月8日木曜日

コンテのチャンス

ちょいちょい話題にしてますが、コンテの描けない演出家はほぼ100%監督にはなれません。しかし結構な割合でコンテが描けない、あるいは描かせてもらえない演出家がいます。特に若いのにコンテ描かせてもらえない人は絵が描けないという人が多そうです。実際には絵が描けなくても絵が判ればコンテぐらいだったら描けると思いますが、物語も表現できない絵も描けないでは、なかなか仕事は貰えないです。そこで、アニメーターでなくともある程度人に伝わる絵というのが描ける様に練習するのは大事だと思います。市販されてるアニメのコンテは大体えらく絵のうまい人のものだったりするので参考にしにくいかもしれませんが、巧い絵を描こうと思わずに、説明のための絵を描く事を意識すれば、意外と描けると思うんですが。。。パースはこの本をはじめ色んな本が出てるのでぱっと読んで判りやすそうなものを買うと良いと思います。コンテはこの人の参考にしやすいかもというのがネットにあると良かったのですがパッと見当たりませんでした。絵のうまい人のは沢山あるんですけどねぇ。