2012年10月21日日曜日

コンテ撮

コンテ撮というやつは、やらないにこしたことはないのですがアフレコまでに画が間に合わない時コンテの画を並べて編集したものを作るわけです。まあしかしコンテの画だけで編集に必要な画が足りるわけも無いわけです。そこで演出が画を足して行くわけですが、この作業をどこまでやるかが人によってまちまちです。というか、結構画を足す人って少数派なんだなあと最近感じてます。アフレコの時必要な画というのは、まず最低限キャラクターが大体どんな表情をしているのかわかるものにすることです。あとは、アドリブ(動作の時に出る息とか)がなるべくわかるとか。とはいえ、コンテ撮でアドリブを完璧に録るのは至難の業ですが。。。あとは編集に必要な画をどれだけ足せるかです。画を足すといってもカットのスタートやラストのタイミングを何となく判る程度に足すだけでいいと思うのですが、それもやらない人多いですねぇ。編集に演出意図を伝えるという意味でやった方がいいと自分は思っています。後は歩きのタイミングの決め込み。これは経験値にもよるので新人さんは怖くてやりにくいかもしれないけど、中3で歩くのか中5か中7か、、、アニメの歩きのタイミングなんてさほど種類がないので決め込んでしまった方が良いと思います。もちろんレイアウトによって歩数や立ち止まりのタイミングなどが決めにくいこともあると思いますが、目安としてでも入れておいた方が後の調整が楽だと思います。あと、編集に必要な画を入れるというのは画が描ける描けないではなく、演出でもそのくらいの画は描けて当然だし描けないなら練習すべきと思います。画が描ける人でも必要な画を入れてこない人沢山いるんですけどね。。。。

0 件のコメント: