2012年9月28日金曜日

赤字

シナリオ改稿したところは赤字にしておいてくれると嬉しいなあ。。。。他の人はどうだろ?

2012年9月27日木曜日

画面の形

最近のテレビは16:9の画面になって、もうすっかり慣れてしまった。久しぶりに4:3の画面を見るとほぼ正方形じゃないの?と感じてしまう。十年くらいまえまでは4:3が主流で16:9だと余計なものが映り込んでめんどくさいなあ、などとおもっていたじきもあった。16:9は映画のビスタサイズと言われる画面を参考に作ったのだと思うが、ビスタと呼ばれるものも幾つか規格があって16:9ぴったりのものはなかったんじゃなかろうか?他にシネスコと呼ばれる画面は、もっと横長。しかし、テレビの仕事をやっている限りは16:9の画面の中で表現しないといけない。縦長の画面で表現するというのも面白そうな気がするが、テレビをくるっと回転でもさせない限りそれはかなわない。テレビは随分大型化したので大きくなった事で画面作りの密度が変わった。現状2KのHDだが4Kのテレビも売り出し始めている。4Kとなるとアニメはもう既にどうしたらよいやらという感じだが、リアルの女優さんなんか戦線恐々としてるのではなかろうか。肌を虫眼鏡で拡大してのぞかれるようなものだから、それに耐えうる人間がいなくなったらついに役者がみんなCGになる日が来るのかもしれない。一方スマホで映像を見る機会も増えて、低解像度の映像のニーズも増えるのだろう。円形のテレビとか誰かつくらないかなあ?

2012年9月25日火曜日

う〜ん

新聞・TVはほんとにだめかもしれないなぁ…という体験を昨日した

2012年9月23日日曜日

入れ替わりもの

最近流行り?の人間の中身が入れ替わるネタというと、「おれがあいつであいつがおれで」が何といっても名作。大林宣彦が監督で「転校生」というタイトルで映画化もされている。私は映画を先に見たくち。映画も面白かったけど原作もとても面白かった。小中学生向けに書かれてるので、性教育小説みたいにも読めるのだが、とても面白かった記憶がある。とくにラストシーンは映像では表現できない描写でいまでも印象に残っている。


TV的

テレビのバラエティーでタレントのコメントをさらにテロップの文字で補強するようなセンスは私はホントに嫌いなのだけど、アニメでもそういうものを必要だと考えてる人はいる。説明セリフとかはもちろんどんな作品でも必要だけれど、自分は最低限で済ませたい派。どのくらいの説明セリフを必要最低限と感じるかは人それぞれだけど、自分の感覚で必要以上に説明セリフが入ってると辟易してしまう。テレビの様式というのは視聴率をいかに取るかみたいなテクニック含めて完全に古いものになってしまったと自分は考える。中CMの位置だってテレビでしか必要のないものなので、コンテの時か編集で良い位置を決めればよい。フォーマットに関してうるさく言うようなテレビ局は今はほとんどない。そんなことに気を配るより根本的なお話を面白くすることを考えなければ意味がない。どんなに小手先のテクニックを頑張ったところで、ゴールデンに視聴率30%も取れるような時代は終わってしまった。アニメは今もテレビで放映されているし、これからもされるだろうけれども、その関わり方は大きく変わってる。テレビそのものが変革の時期にある。それが判らない人がいまだにいるのがすごく不思議だ。これは、ベテランの人がそうという話ではない。若くてもそういう人はいる。自分はそういう人たちからは逃げだしたい。

2012年9月16日日曜日

よくある憂鬱

あと何年現役でやれるのか?ちょいちょい考える。年を感じさせない仕事をしている先輩は結構いるけれども、年を感じてしまう人もたくさんいる。やはり体の衰えは抵抗しがたいし、基本的に若い人に向けてものを作る事が多いので興味の対象が年をくって逸れてしまうとなかなか辛い。演出業できなくなったらどうするかなあ。さっぱり先は見えない。でも最後はやっぱりケセラセラ

2012年9月15日土曜日

見えるもの、その先

自分の作っているものを演出家は完成までに何度も何度も見なければいけないのだけど、その大半は憂鬱な気分になり、まあいいかと思う時がたまにあり、結構イケてるんじゃんと思うことはほとんど無い。同じカットも間をあけて見返すと、まあまあかと思う時もあれば、何でこんなものをOKしたのかと自分を呪うこともある。いいと思う時は自分の構想を他人が自分の想像を超えて膨らませてくれた時がほとんどだ。自分の構想の完成型は思いついた時点である程度見えてしまう。キャリアを重ねるほどにそれは見えてしまうので、逆にわずかでも想像を超えてくれた時は途方もなく嬉しい。映像に限ったことではないけれど自分の予想を超えて、良いものに出会うというのは素晴らしい。料理でも本でも景色でも。



2012年9月3日月曜日

忙しくて…

なかなか更新する時間も気力が出ず。アニメも全然見られてない。本も読めてないし映画も見れてない。というわけで仕事しかしてないんだけど、やってもやっても追いつかない。もう少し妥協すればいいんだろうけど自分のモチベーションが確実に落ちるので、周りが大変なのは判っていても粘ってしまう。とはいえ自分的にはだいぶ妥協しているのだけど。。。自分のモチベーションが落ちたら一巻の終わりなので、そこをいかに維持するか。体力もモチベーションの維持には欠かせない。色んな事で自分の心に余裕がないと倒れてしまうので、無理をしないようにしないとなあ。