2011年10月30日日曜日

オリジナル作品

アニメオリジナルの作品がコンスタントにあるのはいいことだなあ、と思う。アニメは漫画原作ありきじゃないと危なくて作れない、というようなことをとを言う人もいるけれどアニメが漫画に付随するものという認識しかないのが少し腹立たしい。最近はオリジナルで売れた作品が幾つかあるので他人事でも嬉しい。とはいえアニメ製作は漫画より遥かに時間もお金もかかる。オリジナルなるで失敗した作品も山のようにあるので、リスク回避したいのも解る。しかし、オリジナルは作り続けないとスタッフのクオリティやモチベーションは確実に下がると思う。アニメ史のエポックメイキングな作品はやはりオリジナルが多い。オリジナルは間違いなくスタッフのモチベーションを上げると思う。

2011年10月25日火曜日

声優さん

アニメの役者さんはあらかじめ決まった間や尺のなかで芝居をしなければいけません。アニメに慣れていない役者を使う時、その人の間や話す速度と演出の設計したそれが合わずに失敗することがあります。とくに役者の個性が消えてしまってることが。声優さんにしたところで、僕ら演出家はまだ役者が決まってない段階でセリフの長さや間を決めたりしなければいけないこともありますから、その中で芝居を作っていくのは大変です。慣れるとお互い少しずつ近づいていけるんですが。。。

2011年10月21日金曜日

ダンス

アニメキャラのダンスはすっかり定番化した感がありますが、最近の流れはリアルな人間の動きに近いものですね。3Dを下敷きにしたりロトスコープ使ったり。いずれにしても手描きに起こすのは大変そうです。うまくいくと独特の気持ち良さがあるのですが、CGのアニメーターさんも最近はかなり巧くなってしまったので、そこと闘うのは少し分が悪いかもしれません。個人的にはリアルでは出来ないリズムの表現を模索した方がいいのかもと思います。しかし、OP・EDにしろ本編にしろダンスを取り入れてる作品が結構あるということは、アニメキャラのダンスが好きな人沢山いるということなので
まだまだ作られるでしょう。アニメーターもダンスレッスン受けないとだめかも。

2011年10月7日金曜日

ネットの感想

ネットがこんなに普及するまでは作品を観た人の感想なんてそんなに簡単には知る事が出来なかったわけですが、今はリアルタイムでリアクションが分かったりするのは楽しいです。ブログの感想とかだと粗筋解説がメインのも多いですが、そこはすっ飛ばして2、3行の感想だけ拾い読みしたりします。こういう短い感想でも、印象に残ったところだけパッと書いてあって、なるほどそういう所が印象に残ったのかというような事が判ると参考になります。あと、個人的に感想で一番嬉しいなと思うのが「面白くてあっという間に時間が過ぎた」というような事が書いてあるときですね。スタッフ冥利に尽きます。

2011年10月5日水曜日

仕事減ってる?

やはり演出の仕事減ってるみたいで、あちこちで仕事が少ないという話を耳にします。とはいえ、春あたりから少し増えてきそうな気配があるので、若い人が何とか踏ん張れるといいなと思います。まあ元々不安定な仕事で覚悟は皆さんしているとは思いますが、実際仕事が無くなるのはキツいですから。アニメーターは仕事は沢山あるけど単価が安いので相変わらず食べていくのはキツそうです。こういう時は、ホームランではなくコツコツヒットを狙うしかないです。みんな大変ですが頑張りましょう。

2011年10月3日月曜日

十代の影響

10代の頃に好きだった音楽とか映像は良くも悪くも強く影響を受けるものだと思います。自分もその頃の自分の中の熱狂を再現したくてつくってるような気がします。しかし、実際創る立場になった時に昔観た物をそのままつくるわけにはいきません。パクリ云々ではなく、時代が変わってしまっていたり、そもそも自分自身が変わっていて昔観た物語そのままやろうなどとはとても思えません。物語に限らずビジュアルイメージも一緒です。昔の作品を参考にするにしても自分なりに時代にあうようにアレンジしていくことになります。しかし、昔の作品のテイストそのままに何か作りたいという欲求は拭い去り難く残っていて、虎視眈々とその機会を狙っています。でも実際やり始めると昔のままは嫌だなと思うことがほとんどで、、、まあ当たり前ですね。昔の作品のようなものが観たければ、直接昔の作品観ればいいだけですから。ただ創りたいというモチベーションのほとんどは十代の頃観た作品とかなりガッチリ結びついてるので、 モチベーションの供給源としては枯れる事がないのかもしれません。昔好きだった作品と今の自分のやっていること、やりたいことが全然別のようでも何処か繋がってるんだろうな、と思います。

2011年10月2日日曜日

ネット放映

だんだんネットオンリーで放映する作品が増えるのかもしれません。テレビの電波利用料は高いので払うのが大変になってきているのと、ネットの視聴者がかなり拡大したようなので。テレビでUSTREAMを見れるようにもなってきて画面的なクオリティーも地上波に劣らなくなったと言えるのかもしれません。何年か前だとネットオンリーではソフトが売れないと、みんな思っていたし実際その通りだったと思うのですが、少し風向きが変わりつつあるようです。