2011年7月30日土曜日

アニメでの画角の決定

gootoohさんのコメントへの回答:画角はフィルムのカメラであれば、焦点距離と露光面の大きさによって変わるので35ミリのフィルムとブローニーサイズのフィルムとでは同じ標準レンズと呼ばれるレンズでも焦点距離が違います。映画のカメラの場合の標準レンズは確か30とか35ミリ位だった思うのでスチルのカメラより少し短いですが、3Dの場合映画のカメラを想定して焦点距離を計算しているのではないかとおもいますが、アニメの場合、人間が手書きで書きますので広角であれ望遠であれ感覚で描いていくしかありません。なので演出家が画角を指定する場合、人物の大きさはこのくらい、それに対して背景の入り込み具合がどのくらいかを伝えるといった感じで指定します。方法は、コンテの画であったり、口頭であったり様々ですが、わかってもらえればどんな説明でも構わないわけです。だから、画面の中の人物はバストアップくらいで70ミリのレンズで撮った感じとか、背景はこの辺が写ってればよいとか。。。。ドラマの場合重要なのは、人物と背景の関係性なので実際の光学レンズをシュミレートすることが目的ではありません。アニメの技術的な問題で嘘をつくこともしばしばありますが、不自然に見えなければいいわけで何を表現したいのか目的を明確に持ってそれが伝わるようにするのが重要です。画角も目的に応じて使い分けます。
もちろん感覚で画角の判断をするのは構わないと思いますが、何故自分がその画角を選んだのか言葉にするように心がけておくと技術として自分の中に蓄積されていくと思います。答えになったでしょうか?

1 件のコメント:

gootooh さんのコメント...

解答ありがとうございました。
とてもスッキリしました。
家でアニメのレイアウトを模写したりして練習しているのですが、その辺を意識しながら模写することでより効果的なトレーニングができそうな気がします。
連載記事に水をさしてしまいすみませんでした。