2011年6月26日日曜日

レンズの選択4

壁際から撮る話つづき、、、壁を取り除けることが可能なセットのような場所を設定するということがどういう意味があるかと言えば、レンズの選択肢を広げるということです。広角にしろ望遠にしろ対象との距離を稼ぎたい時に壁が邪魔ということは良くありまして、アニメなんだからそんなん気にしなくてもいいじゃんと思うかもしれませんが何も考えないと存在感が出ないということが起こります。カメラがどうとかで無くても人間が室内を眺めるとき壁より向こうには行きようがないわけですからその広さの感覚を超えるような映像はリアリティーを消失する可能性があるというわけです。単に広く見せたいという理由もあるのでしょうが不動産の広告などで部屋の全体を見せるために広角レンズを使った時、実際に部屋を見て狭いじゃん!と思うのもリアリティーの喪失の一例です。実際に想定した部屋を想定した広さで見せる(感じさせる)のには工夫が必要ということです。実際に撮りたい画とリアリティーの折り合いをうまくつけるにはレンズの選択は凄く重要になってくるわけです。で、広角レンズを使うと狭さを表現するのがなかなか難しいので画角を狭くしていくと今度は対象との距離が稼げないので、じゃあ壁外すか、ということになったりしてくるわけですね。
ということで広角の特徴を並べてみます。
・対象物との近さを表現しやすい
・空間の奥行きを強調する、ので空間の狭さを表現しにくい
・レンズの歪みが強く出る
・被写界深度が深い(ピントが合いやすい)
そうだ、被写界深度の話してなかったと思いだしたところでまた次回。

1 件のコメント:

gootoo さんのコメント...

画角の決定はどの段階で行うものなのでしょうか?
絵コンテの段階で部屋の広さとカメラの位置を考慮した画角の選択までやっておくのでしょうか?
絵コンテを頼りに演出さんが設計するとか?
どの役がどのタイミングでその辺りを担当するのか気になります。