2011年4月22日金曜日

戦う少女

昨日最終回の某アニメを見ていて、ふとああいうネタは昔は少年マンガだったよなあと思った。一時代前の魔法少女は変身する=大人になる⇒問題を解決する的な話が多かった。戦うというのは、少年の専売特許だったのだけど、いまや少女の方が戦っているかもしれない。大人になるってことが魔法としての魅力を失っただけなのか。戦いの道具としてだけの魔法は少し魅力が減った気がするのだけど、某作品は面白かったですw

0 件のコメント: