2010年12月9日木曜日

もう師走、東京も来月あたりは雪が降るんじゃないかと思いますが、最近は雪はほとんど撮影で作ってますね、アニメだと。作画と撮影の雪を混ぜると、作画を全部一コマにしないと撮影の雪との違和感が出てしまうので。昔は多段引きやったり、作画でやったりでしたが、どうも今の撮影には敵いません。雨もデジタル撮影初期のころはデジタル感が如実に出ていまいちでしたが、今はとても自然な雨が作れるようになったと思います。セル傷で作った雨みたいなものも作ろうと思えばできますし。まだ波とかは作画がメインですが、水面の波の処理とかは、どの作品でもほとんど撮影で入れるようになったんじゃないでしょうか。昔は撮影で入れた水面の揺らぎなど多少違和感があったものですが、技術の進歩と見る側の慣れで、むしろないと寂しいくらいになってきたんじゃないかと思います。たまには手描きの雨や雪をと思うのですが、単なるノスタルジーでしょうね。

0 件のコメント: