2010年9月25日土曜日

強調の仕方

映像で何かを強調するやり方はいろいろ有りますが、長い時間を使って強調する方法は判りにくいのかもしれません。コンテからぱっと読み取るのは、尺を気にしないといけないのでちょっと慣れてないと気付かないかも。映像の演出技術の中では編集のに分別される方法です。
1カットの尺を長く取る、一つのことを説明するのにカットを沢山積む、などもう一つ大きな枠組みになると強調したいシーンの時間を長くとる、ということです。
大雑把にいうと簡単そうですが、何を撮っているかなどによって見せ方も変わるので難しいです。
すばやいアクションだったらスローモーションとか同じアクションを違うアングルで何度も魅せるとか。。
 会話シーンだったらあえてカットを割らずに同じ構図を長く見せるとか。
ただ長く見せることは強調になることは間違いないです。でもアニメの場合とくにだと思うのですが長く見せるのは勇気がいる時があります。作画が大変になるのでは?とか間が持たないのでは?とか。
しかし、経験を積んでいけばそれほど難しい判断ではないだろうと思います。
アニメの場合コンテの段階である程度編集の形が見えてないといけないので、編集的な技術は常に磨くように心がけておきたいです。

0 件のコメント: