2010年6月11日金曜日

業界のレベル

先輩のアニメーターと話すと良く出る話題に最近のアニメーターのレベルが落ちたというネタがある。ただこれ10年以上前から言われてて、確かにと思うところと、いやそんなことないでしょと思うところがある。例えば昔はアニメーターは何でも描けなきゃいけなかったという人がいる。けど、20年以上前からメカエフェクトとかしか描けない人もいたわけで、それってアニメ創世記のころの話でしょ?と思ってしまう。気になるのはうまい人の割合が減ってるのかということだが、これも一概に時系列で比べることは出来ないと思う。やってる作品の内容も作画のクオリティーも平均的には昔より明らかに上がっているし、作品の本数が増えた分、人も増えた。うまい人が減ったのかというと、そうではなくて偏りが大きくなったのではないかと思う。確かにテレビの作画監督などでは力量不足なのでは?という人がやっている場合も多々見受けられる。しかし、比較的大きな会社などでは新人でもかなりうまい人などがいるし、やはり金のあるところには人が集まってる印象がある。金のないアニメ会社はもっとシビアな制作管理をしないと人がバタバタ倒れていくだけかもしれない。作品のコスト管理には演出が実は非常に大きな役割を担っているので、そういうコスト感覚を持った演出を育てることは大切だと思う。話がそれてきたが、人材の格差が激しくなったということはあるのかもしれないと思う。ルーティーンワークで制作しているだけではクオリティーを維持し続けるのは難しいことだけは間違いない。

0 件のコメント: