2009年11月11日水曜日

演出のギャラ

最近のテレビの演出のギャランティの平均はコンテ演出45~40万くらいだろうか。
作品や会社によっては、これより安いのも倍近く出ているものもあるとは思うが、おおむねこのくらいのものが多い印象だ。
ギャラが高い作品はそれだけ大変なことが多いので割がいいというわけではない。
コンテが20万から22,3万。演出料も同じくらいだが、最近は演出料の方が高い会社も少しづつ増えてきている気はする。演出はどんなに時間のない作品でもひと月半くらいかかる場合がほとんどなので20万の仕事をひと月半1本だと税金1割引かれて手取り月に12万くらいの稼ぎな計算。新人のうちは仕方ないにしてもずっとこれではきつい。 それにスケジュールが押すとそれだけ稼ぎが減る。慌てて他の仕事を取ろうと思ってもうまく仕事がない時もある。特に演出はほかの部署の進行に左右されることが多いので自分でスケジュールをコントロールしにくい。コンテの仕事は、自分次第なので演出よりはスケジュール管理がしやすい。なので、安定的に稼げるようになるには、コンテの技術は必須といえる。で、若い子によく言うのは、2ヶ月で3本の仕事をこなせるようになるのを目標にするといいよということ。「コンテ2本に演出一本」か「演出2本にコンテ1本」できるようになるとかなり楽になる。(演出3本は物理的に難しい)
まずこのくらいの仕事をこなすと月に30万位の稼ぎにはなる。あとこのくらいの量の仕事がコンスタントに取れるということは周りの評価もかなり高いと思っていいと思う。
大体このラインを超えるとよほどのことがなければ仕事に困ることはないと思う。
新人の時(フリーランスの場合)はこなすことはもとより、仕事を取ってくることが大変なので、仕事量は周りの評価と比例する。
歳がいくと量をこなすのはきつくなってくるので、いかに付加価値をつけるかということになる。
とにかく、そこそこ食っていけるようになるまではなかなか苦難の道だ。

0 件のコメント: