2009年7月9日木曜日

若い才能

才能を持った若い人は沢山いるのだが才能が伸びていくのはほんとに難しいものだなあと思う。アニメ業界は給料安いもさることながら、人づきあいの苦手な人、体力のない人などが沢山いる。体力などは鍛えてもどうしようもない部分もあるので特に難しい(持病を持ってる人など大変)。そういう人たちが貧乏すると本当に命の危機になりかねないので、どうやったら食っていけるのだろうと真剣に考える。絵を描く才能や演出の才能があるのに体力がないと続かない。一つ思うことは若いうちは身の丈に合った仕事を選ぶというのは自衛の策としてあると思う。ものすごくクオリティーの高い作品にあこがれて入ってきても、誰もが簡単につくれるわけではない。最初はやさしい作品をやりつつ腕を上げるために少しの量難しい仕事もやるというようなバランスが取れるといいとは思うのだが、そういう仕事を探すのがなかなか大変だ。

0 件のコメント: