2009年4月30日木曜日

演出というお仕事

演出家ってどんな仕事なんだろう、と学生の時は思っていた。
もちろん、本で得た知識などで漠然とは知っていたが実際のところ本当に演出家になってしまった後もしばらくはよく分かっていなかったと思う。
『演出』『監督』という言葉自体が仕事の内容を分かりにくくしている気もする。
じゃあ演出ってなんだろう。
例えば、テーブルの上に何かが載っていて、それが林檎だったとする。
それを人に伝えるには、言葉なら『テーブルの上にリンゴがあるよ。』という。
それを絵で伝えるなら「テーブルの上に置かれた紅いリンゴ」の絵を描くだろう。
今度はテーブルの上に乗った林檎が美味しいリンゴだということを伝えたいとする。
言葉なら『テーブルの上に美味しいリンゴがあるよ。』とでも言っておこうか。
これを絵で伝えようとすると……とたんに難しくなる。
誰かが美味しそうに林檎をほお張っている絵を描けばいいだろうか。
言葉にしたところで、八百屋さんが「このリンゴがとても美味しい」ということをお客さんに伝えるには
すごくテクニックがいるだろうと思う。
実際にリンゴを試食してもらうとかが手っ取り早いのかもしれない。
というわけで、どうやったらその『美味しい!』が伝わるのか考えるのが、演出家の基本中の基本の仕事だと思う。
こう考えると、演出家という名前でなくとも演出家的なお仕事は世の中にいくらでもあるのだが…。
それはさておき、例えば同じ旅行に行ってもAさんが話すとものすごく楽しかった旅行に思えるのだが、Bさんの話を聞いてもそうでもない、という体験はないだろうか?
同じ話をしているのに話し上手な人のはすごく面白くきこえる、同じようにフィクションの演出家はどうやったら同じ話がより面白く伝わるかということを考えるのが一般的なお仕事だといえる。
一般的…というのは、演出家の仕事はとんでもなく難しいもので…話が長くなるので今日はこの辺で。

0 件のコメント: