2009年4月24日金曜日

おまかせ

絵の場合だと1カットしか出て来ないキャラクターや小物は、ほとんどの場合担当する原画マンにおまかせになる。
世界観から外れなければ自由にできるので、個性がでるし発揮できる。
原画に限らず演出、仕上、撮影など各部署ごとにお任せになる部分は必ずある。
ある程度技術が向上して来ると色んなことを任せてくれるようになるので、そうなると仕事が楽しくなって来る気がする。かなり自由にやらせてくれる場合もある。
逆にまかせた以上はそのひとの個性をなるべく生かしていくべきで、お互い寛容になりたい。やたらに人任せにするのもどうかとは思うが…。
しかし、最近はおまかせというと困った顔をされる時がある。単に無茶な注文をしているときもあると思うが、時間がないので考えるのがめんどくさいとか単に技術が足りないとか理由は色々だと思うが、そういうチャンスはなるべく挑戦すべしと思う。失敗しても責任は仕事を振った方が取るのだし。
大勢の人間で作っているメリットは色んなアイデアが詰め込まれてるところにあるから。

0 件のコメント: