2009年3月22日日曜日

真似されたい♡

あ、このカット割りかっこいいとか、このシナリオの展開最高!とか、このギャグ面白いとか思ったいい演出は真似することがある。もちろんただ真似しても作品に合わなかったり、つまらないのでアレンジを加えて。そもそも創作物に真のオリジナルなどは存在しない。
われわれの場合神話の時代から脈々と続く物語というメディアにアニメーションというメディアを融合させて、延々その技術に磨きをかけてゆく。おたがいに影響しあって、成長していくのであって『おれの演出パクリやがった許せん』という話はあまり聞いたことがない。むしろ真似されて嬉しい♡くらいである。
いや、真似されるような演出をめざしていきたいなあ。

0 件のコメント: