2008年11月18日火曜日

マンネリ回避

コンテの仕事を受けていると、あ、これ前にもやったという話にぶつかる。
物語の種類はそう沢山あるわけでもないし、ましてこの人にはこういう話が向いているだろうと振られた仕事はよけい似たような話になる可能性は高い。
たとえばバレンタイン話や肝試しとか…。
こういう話好きだし向いてるんだけど、前と何か違ったアプローチできないかなと考えつつ仕事を進めるのだが好みが知らず知らずにじみ出て、気がつくとやっぱり似ていたり、前にやって成功したことはつい同じことをやってしまいがち。
だからといって、変えすぎて訳の分からないものになっても困る。
匙加減はいつも悩むが、同じような話でも世界観や見る人たち変われば新鮮だったりするしあまり考えすぎないほうがいいのかもしれない。

0 件のコメント: